読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ。

アニメ、コミック、ライトノベル、同人誌、アニソン、あれこれ。

エージェント活動に勤しむ動物たちを描いた『いぬぐれす』

同人誌/絵

f:id:ornith:20150302233600j:plain

 

 サークル「黎明ネルトリンゲン」さんのIngress本、『いぬぐれす』を読みました。この発想はありそうでなかった。わんこかわゆす。

 

 

Ingressの起源は動物の「縄張り」にあり!?

 「Ingress」は、Googleの社内スタートアップが全世界で提供している、位置情報ゲームアプリ。青と緑の勢力に分かれ、地球全土を舞台に壮大な「陣取り」を行うゲームです。ざっくりと言えば。

 

f:id:ornith:20150215175708p:plain

Ingress公式サイトより

 

先日も、こもれびのーとさんのIngress同人誌を紹介させていただきました。

 

 さて、そんなIngressを「犬」の視点から描いた作品が本書、『いぬぐれす』でございます。若干の語弊はあるかもしれませんが……。

 

 

f:id:ornith:20150302235019p:plain

f:id:ornith:20150302235120p:plain

「いぬぐれす【COMITIA111新刊サンプル】」漫画/きしゅうとくろい [pixiv]より

 

 ちょっとした風格の漂う、飼い犬のコジローくん。Ingressにハマるご主人を見て「やれやれ」状態です。その割に、全力で尻尾を振っているのがかわいい。

 

 でもなるほど、言われてみれば「ポータルを自陣の物とする」行為は、まんま「マーキング」である。ポータルキー(軍手)には笑った。

 

出現!覚醒啓発組-エンライテンド-

 とは言え、縄張り争いをするのは個体ごと、つまりソロプレイになるのかな?と思って読んでいたら、ちゃんといました。敵陣営。

 

f:id:ornith:20150302233601j:plain

 

 このシーンと絵面はズルいと思います!初見でクスッときた。

 やたらと目つきが悪いし、ムスッとしてるのね。確かに野良猫はこんな感じですが。

 

f:id:ornith:20150302233602j:plain

 

 この達観したような表情と語り……どこか『孤独のグルメ』のゴローちゃんを彷彿とさせるように見えるのは、僕だけかしら。それにしても飼い主さん、楽しそうですね。でも、わかるわ。

 

 その後、ポータルの“塗り替え”や“リアルキャプチャー”が描かれ、「そういう見方もあるのか」とおもしろく読めました。ネコのふてぶてしさが前面に溢れていて、良い。あと、巻末のコメンタリーのテンションが好きです。一部抜粋。

 

スキャナー Scannaer

 XMやポータルの位置、また敵や味方の動きまでも、肉眼では見えない情報を見ることができる端末のことだぞ!犬やネコはなんとその優れた嗅覚がスキャナーの代わりをしているという!!

 

 わんことペアでエージェント活動をしたら楽しそうだなあ……と。

 毎日の散歩が楽しくなりそうだなあ……と。

 

 そう思える、同人誌でした。

 よし、僕もエージェント活動、がんばるぞい!(レジスタンスです)

  

サークル「黎明ネルトリンゲン」さん

f:id:ornith:20150302160353p:plain

黎明ネルトリンゲン 」のサイトより

 

 「黎明ネルトリンゲン」は、シナリオ担当の 稀周悠希@yuki_kisyu)さんと、作画担当の 黒井みめい@mi_me_i)さんの2人による同人サークル。各種コミックアンソロジーなどの仕事をこなしつつ、同人でも頻繁に作品発表&イベントに参加されているようです。

 

こちらの安部菜々マンガ、過去に読んだ覚えが……!がんばれ、超がんばれ。

 

 艦これ、なのは、モバマス本の割合が多めですが、ヘッドホン女子高生本などのオリジナルも!艦これの旅行・探訪本もそうですが、「キャラクター&◯◯」のコラボレーションは、同人誌ならではの魅力があって好きです。

 

作者・サークル情報