読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ。

アニメ、コミック、ライトノベル、同人誌、アニソン、あれこれ。

『スプラトゥーン イカすアートブック』には設定とアイデアのネタがいっぱい!

f:id:ornith:20151016152421j:plain

 

ついに発売となった、『スプラトゥーン イカすアートブック』

 

Wii U用ソフト『スプラトゥーン』の設定資料集として発売された本書は、過去に公式から発表されたイラストなどを掲載しただけのアートブックではございません。

ゲーム中のキャラクター・ブキの全リストに、ステージ・背景・UIといったゲームデザイン案、ゲーム中では見ることのできない初期案や世界観の裏設定などなど、最高にイカした1冊となっているのです。そのボリュームたるや、なんと全319ページ。

 

あまりの分量のため、余すところなく紹介するのは難しいですが、その一端を簡単にご紹介。純粋なゲームファンはもちろん、何かしらのデザイン業に携わっている人にも全力で勧めることのできそうな、見て・読んでたのしむことのできる保存版資料です。

 

続きを読む

宮崎あおいさんの演技がすごかった!映画『バケモノの子』感想

f:id:ornith:20150801204437j:plain

「バケモノの子」公式サイトより

 

細田守監督作品『バケモノの子』を観てきました。

 

『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(2009年)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)と、3年ごとに公開されている同監督の長編アニメーション映画。なんやかんやで『時かけ』以降の作品はスクリーンで観てきているので。

 

思っていた以上に直球ド真ん中の、“王道”かつ“エンターテイメント”。笑いあり涙ありの「アニメ映画」として、万人に勧められる作品だと思います。おもしろかった。

 

続きを読む

『たまこまーけっと』を知らない僕が『たまこラブストーリー』を観た

f:id:ornith:20140501153206p:plain

『たまこラブストーリー』公式サイト 

 

 「アニメを未視聴の人でも楽しめるよ!」という評判を耳にして、ファーストデーに観に行ってきました。『たまこラブストーリー』 

 

 結論:もっかい観たい。

 いずれ、円盤を買います(宣言)。

 

続きを読む