読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ。

アニメ、コミック、ライトノベル、同人誌、アニソン、あれこれ。

“終わってしまった日常”を想い生きる『がっこうぐらし!』1〜5巻

f:id:ornith:20150727161824j:plain

『がっこうぐらし!』1巻1話「はじまり」【(C) Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社】

 

※ネタバレあり

 

各所で「久しぶりのハートフルボッコアニメだー!」だの「ぞんぞんびより」だのと話題のアニメ『がっこうぐらし!』

 

その先の展開が気になって仕方なかったので、Kindleストアのポイント還元セールに合わせて全巻購入してしまった。興奮、衝撃、悲痛、感動――などなど、非常に心がぴょんぴょんする物語でした(白目)

 

1巻からずっと明らかになっていない設定や、ちらほらと散見される伏線の存在も気にかかり、ますます今後が楽しみな作品でござる。

 

続きを読む

期待を裏切らず、物語は予想外の新たな展開へ『僕だけがいない街』6巻

f:id:ornith:20150705000115j:plain

三部けい『僕だけがいない街』6巻(KADOKAWA)より 

 

※ネタバレあり

 

衝撃の幕引きだった前巻ラストから、物語もクライマックス、「もしかすると6巻で最終巻なんじゃ……?」という予想も出ていた『僕だけがいない街』

 

続く6巻でも、驚きの展開が待っておりました。あれこれ予想したどの形にも物語は転ばず、予想を裏切られつつも「そうくるかー!!!!」と叫ばずにはいられない最新刊。まだ買っていない人は、こんな記事を読む前にまずそっちを読んでください。もったいない!

 

僕だけがいない街(6)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

僕だけがいない街(6)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

 

 

続きを読む

海外児童文学を思わせる懐かしのファンタジー『魔法使いの嫁』

f:id:ornith:20150701215611j:plain

ヤマザキコレ『魔法使いの嫁』1巻(マッグガーデン)より

 

キャッチコピーは「人外×少女」。異形の紳士と女の子の組み合わせの目立つ表紙が前々から気になっていた本作『魔法使いの嫁』を、ようやっと読むことができた。

 

まだ先の展開は見えないものの、どこか闇を抱えた2人の関係性がどうなっていくのか楽しみな作品。そして何より、登場するファンタジックな生き物たちがかわいい。

 

続きを読む

ダンジョンは珍味の宝箱や!モンスターを喰う『ダンジョン飯』に舌なめずり

f:id:ornith:20150630223437p:plain

九井諒子『ダンジョン飯』1巻(KADOKAWA)より

 

2015年上半期、各所で話題となった『ダンジョン飯』をようやく読んだ。

 

Amazonのレビューなどを見る限りでもやたらと評価が高く、いったい何がおもしろいんだろう……? と思っていたけれど――うん、これは確かにおもろい。爆笑とか物語展開だとか、そういった意味での「おもろい」ではなく、「興味深い」という意味合いで。

 

一口に言えば、「少年時代にRPGの世界を夢想していた人」におすすめできる内容かと。

 

続きを読む

【終了】Kindleストアで大規模セール開催中!話題のコミック・ラノベまとめ

 AmazonのKindleストアにて、大規模セールが開催されています。「50%ポイント還元セール」ということで、購入価格の半分がポイントとして返ってくる、実質半額のセール。

 今回はそのセール対象商品の中から、主にネット上で話題となっているコミック・ライトノベルを絞ってまとめてみました。半年以内にアニメ化された作品や、発売されるやいなや話題を集めた人気作が中心となっています。参考になれば幸いです。

 

続きを読む

“終わってしまった物語”のアフターストーリー/『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』

f:id:ornith:20150513220816p:plain

[スニーカー文庫公式サイト]ザ・スニーカーWEB

 

 なんとはなしに気になっていたライトノベル、『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』を読み終えました。ラノベの1巻としては、これまでになかった不思議な読後感。良い意味で。ガツン!と印象強く残るでもなく、ススーッと自然に読み流すでもなく、後でジワジワ効いてくる「毒」のような。

 

続きを読む

駆逐(ぼてくりまわ)したる!『進撃の巨人 関西弁版』が痛快エブリデイ

f:id:ornith:20150313012944j:plain

「5年振(めっさひさしぶ)りやな…」(諫山創『進撃の巨人 関西弁版(1)』より)

 

 

 どういうことなの……。

 

 

 大人気コミック『進撃の巨人』第1巻をまるまる「関西弁」にした、『進撃の巨人 関西弁版』が突如としてウェブ上に現れた。いったい何が起こっているのかと思いきや、どうやら、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや「進撃の巨人展」など関西地区での展開に合わせて、記念として無料配信することになったらしい。ふーむ、なるほどなるほど。なんでや。

 

 通常版と比較しつつ、ざっくりと読みましたが、完全にギャグだこれ。

 

続きを読む

タイトル以上でも以下でもない、でも胸の内に何かが残る『女の子が死ぬ話』

女の子が死ぬ話 (アクションコミックス)

女の子が死ぬ話 (アクションコミックス)

 

 

 このマンガの半分以上は、「」 によってできている。

 タイトルを読んで字の如く、“女の子が死ぬ話”。それ以上でも、それ以下でもない。

 

 けれど、読み終えた後には何かが残る。口にした食べ物の後味に首を傾げるような、歯と歯の間に何かが挟まっているような。じわじわと効いてくる毒のようなもので、下手な感動モノの作品よりも、響いてくる。そんなマンガ。

 

続きを読む

ホッと一息つく間に読みたい漫画『コーヒーもう一杯』

 休日の昼下がり。

 やることをやって、小休止。ホッとしたい瞬間。

 

 ちょっとした合間に、コーヒーを一杯、いれまして。

 ゆっくりしながら読みたい、一冊のマンガがございます。

 

 それが、こちら。

 

コーヒーもう一杯I (ビームコミックス)

コーヒーもう一杯I (ビームコミックス)

 

 

続きを読む