読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ。

アニメ、コミック、ライトノベル、同人誌、アニソン、あれこれ。

二次元でも、偽物でも、“恋”?一風変わった「ラブソング」10曲

音楽/ボカロ

f:id:ornith:20141101165734p:plain

初音ミク(Θ)恋愛部活動記録 ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

 「二次元が初恋じゃダメですか!?」という名言を残した声優さんがいました*1

 

 “叶わない恋”というフレーズだけを見れば、どこか少女漫画チックで乙女心をくすぐるもの。

 しかし、その相手がマジで存在しない架空の存在、偶像、キャラクターだとしたら。……二言目には、「オタクきめえ」という罵声が飛んできそう。いいじゃん!むさいおっさんが乙女ゴコロ抱いたって!

 

 一方、キラキラした青春の甘い思い出としても語られがちな「恋愛」

 

 それだって、そんな明るく眩しいだけの存在でもないと思うのです。むしろ、ヒトの醜い部分としてさらけ出される、ごちゃぐにゃした、どろっどろの粘っこい感情。

 

 現実の「恋愛」においては、そのような要素も介在するのではないかしら。

 

 そんなわけで、メンヘラとか、ヤンデレとか、ストーカーとか、ネガティブな方向に振り切った「ラブソング」と他、変わりモノのラブソングを集めてみた。ボカロ要素が多め。

 

 

「Rainbow Girl」/となさ

ごめんね 画面から出られないの 私は2次元の女の子

どんなに気持ちが高ぶっても 貴方に触れられない

ごめんね 本音が口に出せないの 私は2次元の女の子

 決められた台詞通りにしか 貴方と会話出来ない

 

 2chの作曲スレ発祥、ニコニコ動画などで広まり、人気になった曲。

 「二次元嫁」視点の歌詞は新鮮でした。その発想はなかった。

 

「ループする初恋」/cosMo@暴走P

少女の空想庭園+

少女の空想庭園+

 

電子の 賽の河原 初恋じゃない初恋

L∞Pするプログラムの箱の中で…

ワタシが欲しいのは ハッピー「エンド」じゃなくて

その先にある 幸せな時間(トキ)を 二人で過ごしたいの

 

 ギャルゲーの主人公に恋する、名無しのモブキャラ視点の恋の歌。「Rainbow Girl」とちょっと似ていなくもない。

 一般的な「ループもの」と違うのは、幾度となくゲームをプレイしようとも、全ての選択を網羅しようと、分岐点すらないというね……。サブキャラがメインに昇格するのとは訳が違うのです。切ない。完全版を所望する!

 

「五月の蝿」/RADWIMPS

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ

通り魔に刺され 腑は零れ 血反吐吐く君が助け求めたとて

ヘッドフォンで大好きな音楽聴きながら 溢れた腑で縄跳びをするんだ

僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

 

 リリース当時はあちこちで話題になっていた、RADWIMPSの問題作。様々な解釈ができそうだけど、歌詞をそのまま受け取っちゃっていいのではないかしら。

 MVもぶっ飛んでる。でも、あの赤い液体をバシャバシャやりながら演奏するのは楽しそう。

 

 いや、それにしても。“こぼれた腸でなわとび”の狂気がやべえ。

 

「ラブソング」/amazarashi

未来には期待しないよ 息も出来ないよ 夜の闇の中 不安で眠れない

愛されるだとか 愛するんだとか それ以前に僕ら 愛を買わなくちゃ

消費せよ 消費せよ それ無しではこの先 生きてけない

消費せよ 消費せよ それこそが君を救うのだ

 

 こんな「ラブソング」もありですよ、という別視点を提供してくれる曲。これも等しく「愛」のうた。たぶん。

 amazarashiの曲の中でもお気に入り。サビの単語の羅列が心地良い。

 

「遁生」/エレファントカシマシ

「体の調子は何うなんだ?」

「寄生虫にやられてる。」

「お前に女は必要か?」

「ペットのようなら飼ってもいい。」

 

 この中では変化球かもしれない。主にジャンルと曲の長さで。

 どこか「ラブソング」とは言い難いけど、上記歌詞が引っかかったので。

 

「妄想日記」/シド

焼きもち焼きな私を許して あなたのゴミを漁ります

他にも女がいるのね 私だけを見ていて欲しいの

浮気はよくないわ 約束したじゃない 朝まで止まない

無言電話で 無言電話で 今日も寝かせない

 

 カラオケで友人(女子)が歌っているのを聴いて知りました。

 思わず、「うわあ」って呟いてしまった。いや、割と好きですが。

 

「絵の上手かった友達」/ピノキオP

絵の上手かった君が描いていた 

架空の世界と もう会えないのかな 

塗り潰されて 元に戻らない日々 

絵を描く姿が好きだった 

絵を描く姿は好きだったから

 

 普通にあるんじゃないかと思ったら意外となかった、男の子を「振った」女の子の視点。失恋ソング。

 全体的にメロディが切なく、身に沁みるのでござる。男女の友情、とは。

 

「恋愛部活動記録」/くちばしP

始まりはきっとバラバラだね

非対称 communicate

君は嘘つき 私も同じ

罪を背負っている

 

 『ニセコイ』*2的な何か。

 途中のボカロラップがたまらなく好きなんだけど、評価されてないんですよね……。

 

「Scarlett & Mercury」/けーだっしゅ

誰も気付かないから切ってみました 

彼が愛をくれないから切ってみました 

いっそどっか消えよっかって言ってみました 

そしたら心どっか飛んでってバイバイバーイ

 

 ざっくざっくと刻みます。リストカットですね、分かります。

 直接的と言えばそうなんだけど、そこに見て取れる言葉選びが好み。

 

「終わりの世界から」/麻枝准 × やなぎなぎ 

 

追いつけない だから能力使う 過去へとリープ

そこでまたきみと出会い また恋をするんだ

ぼろぼろに泣いてきみは探していた

突然いなくなったあたしの面影を

早く帰ろ でも能力は一方通行 未来には飛べなかった

 

 ひとつの物語をそのまま歌った曲。歌詞はストレートだし、動画をそのまま受け取ることもできる。

 でも一方で、本楽曲収録のアルバムを一連の物語として見ると、異なった方向で考えられておもしろくもあります。

 

 

ラブソング

ラブソング